17.10 - オフラインでの情報の編集 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata SETでは、エミュレーション情報の複数のバージョンを保存し、さまざまなシナリオをテストすることができます。オフラインの場合は、次のタスクを実行して情報を修正することや、複数のシナリオを作成することができます。
  • エミュレーション情報の表示と編集
  • インポート オプションの変更
  • インポートに応じたオブジェクトの選択
  • インポート情報の編集

データベースに接続していない状態でインポートを行なうことはできません。

各種バージョンのエミュレーション ファイルを作成して、エクスポートしたファイルの1つから複数のシナリオをテストするためには、以下の手順を使用します。

オフライン時には、データベースの対話的な設定(既存のデータベースの表示、インポート オプションダイアログ ボックスでの親データベースの参照、インポート オプションダイアログ ボックスでのターゲットQCDの参照など)以外のすべての機能を使用できます。
  1. ツール > データのカスタマイズをクリックします。
  2. エミュレーション情報のソースとする.mcfファイルを選択します。

    右ペインには、ソース システムの情報、エクスポートされたオプション、エクスポート日など、ファイルに関する情報が表示されます。右ペインを閉じるには、プレビューの表示ボックスを選択解除します。

  3. 開くをクリックします。
  4. (オプション)次のいずれかを実行します。
  5. (オプション)変更した情報の保存を参照してください。
  6. (オプション)データベースに接続し、インポート操作を開始します