17.10 - ウィンドウのメニュー、コマンド、ツールバー ボタンのインポート - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
メニュー コマンド ボタン 説明
ファイル
  名前を付けて保存 名前を付けて保存ダイアログ ボックスを表示して、編集ファイルの名前を変更します。

このオプションを使用できるのは、エミュレーション情報を編集した場合、または左側のペイン(インポート ツリー)内の選択内容を変更した場合に限ります。

インポート テスト システムにエミュレーション情報をインポートします。
終了 インポートウィンドウを閉じ、メイン ウィンドウに戻ります。
編集
  元に戻す 最後に編集した内容を元に戻します。
このオプションは、編集モードのときにのみ、エミュレーション情報を編集した場合に限り使用できます。
切り取り 選択したテキストをクリップボードに移動します。
このオプションは、編集モードでのみ、テキストを選択したときに限り使用できます。
コピー 選択したテキストをクリップボードにコピーします。
このオプションは、編集モードでのみ、テキストを選択したときに限り使用できます。
貼り付け クリップボードからテキストを挿入します。
このオプションは、編集モードのときにのみ使用できます。
検索 検索ダイアログ ボックスを表示して、指定したテキストを左右のペインで検索します。


検索ダイアログ ボックスでは、次のオプションが使用できます。
  • 完全に一致する単語だけを検索する。完全に一致する単語を検索します。
  • 大文字と小文字を区別する。検索時に大文字と小文字を区別します。
  • すべてのDDLを検索。 すべてのオブジェクト定義を検索します。

    このオプションは、検索ペインで検索を行なう場合にのみオブジェクト定義情報ダイアログ ボックスで使用可能となります。

置換 選択したテキストを置換します。
すべて選択 なし 編集可能なペインのすべてのテキストを選択します。
編集の許可 編集モードを有効にします。これにより、インポートウィンドウの右側ペインでオブジェクト定義、統計、RAS、コスト パラメータ、およびコスト プロファイルを変更できます。
変更の適用 編集内容をアクティブなオブジェクト定義、RAS、統計、コスト パラメータ、またはコスト プロファイルに適用します。
このオプションを使用できるのは、編集モードで変更を実行した後に限ります。
ビュー
  ツールバー なし インポートウィンドウのツールバーを表示または非表示にします。
ステータス バー なし メイン ウィンドウインポートウィンドウのステータス バーを表示または非表示にします。
フォント なし フォントダイアログ ボックスを表示します。これにより、オブジェクト定義情報ウィンドウのExplainテキスト情報およびインポートの下に表示されるテキストのフォント スタイル、サイズ、または色を変更できます。
ソース マシンの構成 ソース マシンの構成ダイアログ ボックスを表示します。これにより、エミュレーション情報のエクスポート元システム(ターゲット システム)の構成特性を表示できます。
見積もり時間 見積もり時間ダイアログ ボックスを表示して、インポート操作に必要な時間を表示します。

最新の情報をロードする場合は、最新の情報に更新をクリックします。

見積もり時間関数には、権限が必要です。 詳細は、見積もり時間の権限を参照してください。
オプション
  既存のデータベース 既存のデータベースダイアログ ボックスを表示して、既存のデータベースの一覧を表示します。
このオプションは、以下のいずれかがエクスポートに含まれている場合に使用できます。
  • オブジェクト定義
  • 実行プラン
  • ワークロード
  • QCDデータ
インポート オプション インポート オプションダイアログ ボックスを表示します。これにより、インポート操作のためのデータベースおよびエミュレーション情報を詳細に定義できます。
データベースの順序 インポートウィンドウの左側のペイン(インポート ツリー)内で、同じレベルのデータベースの並べ替えを実行できるようにします。
TLEの設定 Target Level Emulationの設定ダイアログ ボックスを表示して、ターゲット システムからエクスポートしたRAS、コスト パラメータ、コスト プロファイル、および動的(IPE)プランの一覧を表示します。 このダイアログ ボックスを使用して、テスト システムにインポートするエミュレーション情報を定義します。
Permスペースの変更 Permスペースの変更ダイアログ ボックスを表示して、Teradata SETが自動的に計算したものと異なる固定領域(permspace)を指定します。 固定領域は、ターゲット システム上にオブジェクトをインポートするために必要です。
ヘルプ
  トピックの検索 オンライン ヘルプを開きます。
バージョン情報 なし バージョンと著作権に関する情報を表示します。
メイン ウィンドウで、ヘルプ > バージョン情報をクリックします。 バージョン情報ダイアログ ボックスが表示されます。 詳細は、バージョンおよび著作権の情報を参照してください。
ツールバー ボタン(対応するメニューまたはコマンドはない)
なし なし ターゲット データベースの名前を変更します。
なし なし ターゲット データベースの変更した名前を元に戻します。