17.10 - CLIv2を使用した接続 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
前提条件

CLIv2による接続を行なう前に、hostsファイルの変更とIPアドレスが必要になります。CLIv2のセットアップを参照してください。

Teradata SETの起動については、Teradata SETの起動を参照してください。
  1. メイン ウィンドウで、ツール > オプションをクリックします。
    オプションダイアログ ボックスが表示されます。
  2. 接続タブをクリックします。
  3. CLIv2をクリックします。
  4. 適用をクリックします。
  5. OKをクリックします。
  6. をクリックします。
  7. Teradata Databaseへの接続ダイアログ ボックスにログオン情報を入力します。
    ログオン情報 説明
    Teradata Databaseの名前 リストからデータベースを選択するか、有効なデータベース名を入力します。ホスト名を使用するためには、そのサーバーのIPアドレスがhostsファイルに格納されている必要があります。データベースのIPアドレスと名前の定義で説明している手順を参照してください。
    ユーザー名 リストからユーザー名を選択するか、有効なユーザー名を入力します。 このユーザー名は、サーバーで定義済みである必要があります。

    シングル サイン オンを使用している場合には、ユーザー名パスワードの各ボックスが空白になっていることを確認します。

    パスワード ユーザー名ボックスのユーザー名に対応するパスワードを入力します。 パスワードを秘密にしておくため、入力した文字はアスタリスクで表示されます。
    セッション文字セット (オプション)セッション文字セットを選択します。
    • ASCII
    • KANJISJIS_0S
    • UTF-16
    • UTF-8
    詳細 クリックすると、詳細オプションが表示されます。
    認証メカニズム リストからメカニズムを選択します。

    セキュリティ対策は、Teradataのサイトごとに独自のものが施されています。 メカニズムがリスト内に1つも表示されていない場合は、データベース管理者またはセキュリティ管理者に問い合わせてください。

    認証パラメータ 選択したメカニズムで必要なパラメータを入力します。 認証パラメータを秘密にしておくため、入力した文字はアスタリスクで表示されます。

    現在の認証パラメータについては、データベース管理者に問い合わせてください。

    デフォルト データベース (オプション)セッションのデフォルト データベースを選択します。

    データベースを指定しない場合には、ユーザーに対して定義されているデフォルト データベースが使用されます。

    アカウント文字列 (オプション)リストからアカウント文字列を選択するか、ユーザー グループを定義するログオン パラメータを入力します。
    簡易 クリックすると、詳細オプションが非表示になります。
  8. OKをクリックします。