17.10 - メイン ウィンドウのメニュー、コマンド、ツールバー ボタン - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
メニュー コマンド ボタン 説明
ファイル
  接続 データベースにログオンします。
切断 データベースからログオフします。
終了 なし Teradata Setを閉じ、Windowsデスクトップに戻ります。
ビュー
  ログ ファイル ログ ファイルを開く、または閉じます。
  サマリー レポート インポート、エクスポート、またはインポートを元に戻す(クリーンアップ)操作の正常終了および失敗に関するサマリー レポートを開く、または閉じます。
  フォント なし フォントダイアログ ボックスを表示します。これにより、メイン ウィンドウに表示されるテキストのフォント スタイル、サイズ、または色を変更できます。 例えば、ログ ファイルまたはサマリー レポートの表示フォントを変更できます。
  ツールバー なし メイン ウィンドウのツールバーを表示または非表示にします。
  ステータス バー なし メイン ウィンドウおよびインポートウィンドウのステータス バーを表示または非表示にします。
ツール
  エクスポート ターゲット システムからエミュレーション情報を取得します。
  インポート インポートウィンドウを開きます。これにより、エクスポートしたエミュレーション情報を編集し、その情報をテスト システムにインポートできます。
  インポートを元に戻す 開くダイアログ ボックスを表示します。これにより、テスト システムから削除する.undoファイル(インポートされた情報のファイル)を1つ選択できます。
  データのカスタマイズ インポートウィンドウを開き、.mcfファイルを選択してから、データベースに接続せずにエミュレーション情報を編集します。
このオプションは、接続を行なっていない場合にのみ使用できます。
  エミュレーション構成のマップ.. なし ターゲット システムのマップ、およびエミュレーション用の対応するテスト システム マップを表示します。ターゲット システムのマップをエミュレートするためのテスト システム上のマップをユーザーが手動で選択しやすくなります。詳細については、クエリーのテストの実行を参照してください。
  TLEの設定 Target Level Emulationの設定ダイアログ ボックスを表示します。これにより、接続されているシステム上でRAS、コスト パラメータ、コスト プロファイル、および動的(IPE)プランがどのようにエミュレートされるかを定義できます。
  TLEのリセット Target Level Emulationのリセットダイアログ ボックスを表示します。これにより、RAS、コスト パラメータ、コスト プロファイルをデフォルト値にリセットできます。
  ファイルの削除 削除ダイアログ ボックスを表示します。これにより、選択したTeradata SETファイルを削除できます。 .mcfファイルが読み取られ、選択されているエクスポート オプションに応じて、対応する種類のファイル(.ddl.optなど)が削除されます。 詳細は、ファイル管理の実行を参照してください。
  パック パックダイアログボックスを表示して、.mcfファイルとそれに関連付けられたファイルを1つのファイル(pack)に結合します。エクスポート時に"Browse for UDF (UDFの参照)"のファイルを開くダイアログへの応答で指定されたUDFコード ファイル(存在する場合)も、同じファイルにパックされます。 詳細は、ファイル管理の実行を参照してください。
  展開 展開ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで、packファイル内のファイルを分割できます。詳細は、ファイル管理の実行を参照してください。
  データ ソースの定義 なし データベースのODBCデータ ソースを定義または編集するためのODBCデータベース管理者ダイアログ ボックスを表示します。
  SQLの実行/SQL Assistant クエリー エディタ (Teradata SQL AssistantまたはSQLの実行)を開きます。これにより、クエリーを実行できます。 エディタを選択するためには、ツール > オプションの順にクリックします。
  オプション なし オプションダイアログ ボックスを表示します。これにより、Teradata SETの機能をカスタマイズできます。詳細は、カスタマイズ オプションを参照してください。
ヘルプ
  トピックの検索 オンライン ヘルプを開きます。
  バージョン情報 なし バージョンと著作権に関する情報を表示します。
メイン ウィンドウで、ヘルプ > バージョン情報をクリックします。 バージョン情報ダイアログ ボックスが表示されます。 詳細は、バージョンおよび著作権の情報を参照してください。
ツールバー ボタン
なし なし 音声通知機能のオン/オフを切り替えます。
この機能の制御へは、ツール > オプションからもアクセス可能です。 カスタマイズタブを選択します。