17.10 - オブジェクト定義 - System Emulation Tool

Teradata® System Emulation Toolユーザー ガイド

Product
System Emulation Tool
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2492-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

オブジェクト定義チェック ボックスを選択すると、選択したオブジェクトまたは特定のクエリーで参照されたオブジェクトのデータ モデルとDDLテキストがエクスポートされます。 このオプションでは、指定するクエリーが使用するオブジェクトの構造とインスタンスの詳細情報をエクスポートできます。

エクスポートされたオブジェクト定義は、表、ビュー、マクロ、トリガー、インデックス、ストアド プロシージャ、ユーザー定義関数(UDF)、およびUDTをテスト システムに作成するために使用されます。 オブジェクト定義は、エクスポート操作の種類に基づいて選択されてエクスポートされます。

クエリー単位のエクスポートを実行する場合、オブジェクト定義チェック ボックスを選択すると、クエリーのSHOW QUALIFIED文で返されたUDFとUDTがエクスポートされます。

データベース単位のエクスポートを実行する場合、オブジェクト定義チェック ボックスを選択すると、エクスポート対象として指定されたオブジェクトによつて参照されているUDTと、エクスポート対象として手動で指定されたUDTがエクスポートされます。

クエリー単位のエクスポートを実行する場合、オブジェクト定義チェック ボックスを選択すると、クエリーのSHOW QUALIFIED文で返されたUDFとUDTがエクスポートされます。

XSP/UDFのエクスポート時に、TSETはCREATE/REPLACE PROCEDURE/FUNCTION DDLのみを取得します。TSETはUDFコード ファイル(ソース、ヘッダー、またはオブジェクト)を取得できないためです。 XSP/UDFコード ファイルは、ユーザーが指定する必要があります。 TSETは、エクスポート時にXSP/UDFコード ファイルを参照するためのファイルを開く ダイアログ画面をテーブル示します。 CおよびC++ XSP/UDFの場合は、XSP/UDFファイル名が画面タイトルに含まれます。 Java XSP/UDFの場合は、JAR_IDおよびJava ClassNameが画面タイトルに含まれます。 指定されたXSP/UDFコード ファイル名は、エクスポート パスにコピーされます。

CおよびC++ XSP/UDFコード ファイルがエクスポート パスにコピー されない場合、パック操作は失敗します。

Java XSP/UDFコード ファイルがエクスポート パスにコピーされない場合、パック操作は失敗しませんが、Java XSP/UDFコード ファイルを実働システムからテスト システムに手動で移動する必要があります。

不足しているコード ファイルは、エクスポート操作の最後に(インポート操作の前に)表示されます。