16.20 - SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
SET TRANSFORM GROUP FOR TYPEステートメントを使用すると、次のような複数の変換グループを持つ複合データ型(CDT)のアクティブな変換を設定できます。
  • JSON
  • XML
  • ST_GEOMETRY
  • DATASET

利点

以前は、複数の変換グループを使用するには変換設定でUSERを作成する必要がありました。この機能を使用すると、変換設定でUSERを作成しなくても、Teradata CDTのセッション レベルでの変換設定を適用できます。例えば、ロード操作中に、個別のユーザーを作成しなくてもアクティブな変換を切り替えることができます。

新規および更新されたマクロを使用して現在のUDT変換を表示できます。

SET TRANSFORM GROUP FOR TYPEを使用して、ユーザーの既存の変換設定に加えて、変換を追加できます。

SQLの変更

CDTの変換グループを設定するには、次の新しい文を使用します。
  • SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE

考慮事項

デフォルトの変換グループがすでにユーザーに対して設定されている場合、SET TRANSFORM GROUP FOR TYPEステートメントは現在のセッションのデフォルトの設定を上書きします。

MultipartRecordモードのJSONとXMLには、変換を使用しない特別な転送プロトコルがあります。クライアントからTeradata Databaseに転送される外部JSONおよび外部XMLデータも、変換なしで処理されます。このモードでは、SET TRANSFORM GROUP FOR TYPEステートメントは適用されません。ただし、JSONおよびXMLでは、フィールド、レコード、および標識の各モードで変換を使用できます。SET TRANSFORM GROUP FOR TYPEステートメントを使用して、フィールド、レコード、および標識モードでのJSONおよびXMLデータのセッション変換を設定できます。

追加情報

現在の変換設定の表示に使用できるマクロを含むCDTの詳細については、以下を参照してください。
  • Teradata Vantage™ JSONデータ型、B035-1150
  • Teradata Vantage™ XMLデータ型、B035-1140
  • Teradata Vantage™ DATASETデータ型、B035-1198
  • Teradata Vantage™地理空間データ型、B035-1181