16.20 - 常時フォールバック - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

フォールバックの動作とデフォルト値はプラットフォーム固有になっています。新しいプラットフォームでは常時フォールバックを使用します。新しく作成されたすべてのデータベース、ユーザー、インデックス、およびテーブルは、CREATEリクエストでNO FALLBACKを指定した場合でもFALLBACKに設定されます。すべてのデータベースまたはユーザーは、ALTER TABLEまたはMODIFY DATABASE/USERリクエストでNO FALLBACKを指定した場合でもFALLBACKに設定されます。

このリリースにアップグレードする古いプラットフォームではNO FALLBACKオプションが許可され、CREATE TABLE、ALTER TABLE、CREATE JOIN INDEX、CREATE HASH INDEX、CREATE DATABASE、MODIFY DATABASE、CREATE USER、およびMODIFY USERリクエストに対してNO FALLBACKがデフォルトになります。

利点

フォールバック用に最適化されたプラットフォームは、データの破損から迅速に回復できます。

考慮事項

すべてのプラットフォームのSYSINITのデフォルト値はALWAYS FALLBACKになります。ただし、Parallel Upgrade Tool (PUT)はプラットフォームに適したフォールバック設定を使用します。

追加情報

詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース管理、B035-1093>を参照してください。