16.20 - パッケージなしのTeraGSS - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

TeraGSSはクライアント ドライバに埋め込まれ、個別にインストールされるパッケージではなくなりました。これにより、クライアントとUnityにTeraGSSパッケージをインストールして構成する必要がなくなります。

利点

  • Teradata Tools and Utilitiesのインストールを簡素化します。
  • TeraGSS構成の変更を実行する必要はありません。
  • デフォルトのメカニズムをCLIv2を使用して構成できるようになりました。
  • ODBCおよびCLIv2クライアントはこの変更をサポートするように更新され、TeraGSS固有の構成変更の必要性はなくなりました。
  • 非標準の場所にインストールされているKerberosディストリビューション用の低レベルのKerberosプロバイダ ライブラリは、構成を使用せず環境変数によって配置できるようになりました。
  • Unityの場合、TeraGSSはTDGSSに置き換えられました。

考慮事項

  • クライアント用にTeraGSSを構成する必要がある場合は、管理用パッケージを使用して構成する必要がありますが、構成しないことを推奨します。<Teradata Vantage™ NewSQLエンジンのセキュリティ管理、B035-1100>の「Teradata GSS管理パッケージ」を参照してください。

追加情報

パッケージなしのTeraGSSの詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQLエンジンのセキュリティ管理、B035-1100>を参照してください。