16.20 - バルク修飾の拡張機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

バルク修飾は、並列である複数列値に対する単一テーブル述部を評価するプロセスであり、次のSQL DMLリクエスト ステップに適用されるようになりました。

  • これらのテーブルの取得、合計、および結合の手順は、次のとおりです。
    • プライマリ インデックス行
    • プライマリ インデックス行なし
    • 行スプール
  • これらのテーブルの合計と結合の手順は、次のとおりです。
    • カラムナ プライマリAMPインデックス
    • カラムナ プライマリ インデックスなし
    • カラムナ プライマリ インデックス
    リリース15.10では、取得ステップがサポートされていました。

バルク修飾では、単一命令の複数データ(SIMD)並列処理を使用します。

制限に基づいて、バルク修飾がステップで有効にならない場合があります。ステップでバルク修飾が有効になっているかどうかを検出するために、ユーザーはQryLogStepsVビューのInMemBulkQualStatusフィールドを確認できます。

利点

この機能により、取得、結合、および合計ステップのCPUパフォーマンスが改善されます。

考慮事項

この機能は、メモリ内最適化が有効になっている場合にのみ有効になります。メモリ内最適化は、デフォルトでは無効になっています。有効にするには、Teradata担当者にお問い合わせください。

追加情報

InMemBulkQualStatusフィールドの詳細については、<Teradata Vantage™ データ ディクショナリ、B035-1092>を参照してください。