16.20 - QueryGridおよびテーブル演算子に対するデータベース強化機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベースの次の2つの領域が機能強化されています。

  • データベースにおけるユーザーとロールのマッピングはQueryGridユーザー マッピングをサポートするように機能強化されています。
  • リモート テーブルとやり取りするデータのステージングと転送が最適化されています。

ユーザーおよびロール マッピングを変更すると、DBAにマッピング テーブルの作成を許可することで、QueryGridのリモート ユーザーに対するローカル ユーザーのマッピングが簡略化されます。これにより、DBAは、接続されているユーザーまたはセッションに基づいてカスタマイズされている動的なサーバー オブジェクトを作成できます。

テーブル演算子で使用するUSINGのカスタム句は現在、QueryGrid中で使用するものも含め、次のTeradataシステム変数をサポートしています。

  • ACCOUNT
  • CURRENT_TIMESTAMP
  • DATABASE
  • DATEとCURRENT_DATE
  • PROFILE
  • ROLEとCURRENT_ROLE
  • SESSION
  • TD_HOST
  • TIMEとCURRENT_TIME
  • USERとCURRENT_USER
  • ZONE

QueryGridテーブル演算子で使用するUSINGのカスタム句は現在、スカラー サブクエリーの使用をサポートしています。

利点

リモート テーブルを送信元および送信先とするデータ転送の最適化は、リモート クエリーを実行するネットワーク オーバーヘッドを削減し、通常、クエリーのパフォーマンスを向上します。この利点は、有益であると判断された場合は常に、集約、結合、およびリモート システムに対するローカルおよびリモート テーブル間の結合をプッシュするデータベースの機能によって実現されます。転送されるデータの量を減らすことで、ステージング データ用にTeradataサーバーで不要なメモリおよびプロセッサ リソースの使用を回避します。

QueryGridユーザーは現在、USINGのカスタム句中でTeradataシステム変数、およびスカラー サブクエリーを使用できるようになっています。

QueryGridを実行していないデータベース ユーザーは現在、テーブル演算子を含むUSINGのカスタム句中でTeradataシステム変数を使用できるようになっています。

考慮事項

これらの強化機能を利用するには、Teradata QueryGridを使用する必要があります。

追加情報

Teradata QueryGridの詳細情報については、Teradata Database 16.00と互換性がある個々のTeradata QueryGridユーザー ガイドおよびインストール ガイドを参照してください。

USING句でのTeradataシステム変数のサポートの詳細については、<SQL関数、演算子、式および述部、B035-1145>を参照してください。