16.20 - Teradata Vantageの概要 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Vantage™は、業界をリードするTeradata® Databaseから進化した当社の主力分析プラットフォーム製品です。コンテンツ内でこの変更が反映されて表記が更新されるまで、Teradata Databaseという用語はTeradata Vantageと同義です。

この図は、Vantageの初期リリースを示しています。顧客はすべてのデータをいつでも活用できるため、あらゆるデータを分析の対象とし、自由に展開し、ビジネスにとって最も重要な分析を配信することができます。概要レベルでは、Vantageは以下のコンポーネントで構成されています。

ストレージ

データストア: Vantageをハードウェア プラットフォーム依存関係から分離でき、Vantageから指示に従ってデータベース テーブルの作成と保守をサポートするファイル システムです。ファイル システムはデータを物理フォーマットで格納します。

高速ファブリック

高速ファブリックは処理テクノロジーを相互に結び付けます。Teradata IntelliFlex®の場合、これはInfiniBand上のBYNETで、BYNETプロトコルを実行しています。AWSやAzureなどのパブリック クラウド展開の場合は、その環境で使用されるネットワーク スイッチング ファブリックです。

エンジン

  • Teradata NewSQLエンジン: クラス最高のTeradata Database処理機能を基盤とするTeradata Vantageのコアとなるものです。NewSQLとは、標準SQLの機能を超える高度な分析機能を実行する機能のことです。概要レベルでは、NewSQLエンジンには以下の機能があります。
    • Teradata Databaseと同様に、SQLベースの分析を実行する
    • 4D分析、パスとパターン分析、スコアリングなど、追加の高度な分析機能を提供する
    • Teradata Machine Learning EngineおよびTeradata Graph Engineの機能を呼び出す
    • 最適化プログラムやワークロード管理など、Teradata Databaseに含まれていた追加のクエリー最適化機能を実行する
  • 機械学習エンジンとグラフ エンジン: これらのオプションのエンジンは、これまでTeradata Aster®から提供されている180以上の組み込み関数を実行する機能を提供します。関数には、数学と統計、テキスト分析、センチメント分析、クラスタリング、パスとパターン、ディシジョンツリー、グラフなどがあります。これらは、標準SQLを使用してNewSQLエンジンを介して呼び出されます。

言語

Teradata Databaseが提供する言語サポートと同様に、VantageはSQL、R、Python、SAS、およびJavaを含むさまざまな言語をサポートします。

ツール

Vantageは次のアクセスを提供します。
  • Tableau、Qlik、IBM CognosなどのBI可視化ツール
  • DataikuとSASを含む分析ツール
  • RStudio、Jupyter、Teradata StudioなどのノートブックとIDE
  • Teradata AppCenterなどのアプリケーション フレームワーク