16.20 - リソース サンプリング サブシステム(RSS)の強化機能 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage NewSQLエンジンのリリース サマリー

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
リリース ノート
Publication ID
B035-1098-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
この機能は、リソース使用状況(ResUsage)テーブルに次の強化機能を提供します。
  • 既存の列の名前の変更
  • ビュー内の別名の名前を変更し、別名を追加
  • 古い列の削除
  • 返された列データの順序の変更
  • NodeID列を4桁のキャビネット番号と4桁のモジュール番号(ZZZ9-9999)に再フォーマットします。ResUsageマクロは、この変更をサポートするよう更新されている
  • ResUsageSpsとResUsageSpsViewからすべてのSLES 10の特定の列の削除
  • Teradata Database 15.10使用スペア列の永久的なリソース使用状況テーブル列への変換
  • マップ レベルの統計情報をサポートするDBC.ResUsageSmhmテーブルの追加
  • グローバル領域アカウンティングおよびPDEセグメント使用状況など、さまざまなResUsageテーブルおよびビューが新しい機能をサポートするように列を追加

利点

  • すべてのResUsageテーブルには、関連するビューがあります。すべてのビューは、テーブルに対して類似する更新を反映するように更新されています。Teradataでは、テーブルではなくResUsageビューを使用することをお勧めしています。このため、ソース テーブルに影響を与えることなくビュー列を更新できます。
  • TDWMは、ユーザー定義のしきい値がWorkNew AWTプール サイズおよび割り当て済みプール全体の最小値以下の場合に使用可能なAMPワーカー タスク(AWT)イベントをトリガーします。以前、これは唯一の使用可能なアルゴリズムでしたが、これがイベント トリガリング メカニズムを特定の種類の作業に制限します。

    このリリースで、TDWMによりユーザーは利用可能なAWTイベントをトリガーする別のアルゴリズムを選択できます。

    • WorkNew AWTの最小値および未予約プール全体(既存のデフォルトのアルゴリズム)
    • 未予約プールの全体

    これをサポートするために、いくつかの列がResUsageSAWTテーブルに追加されました。AvailableForWork00、AvailableForWork00Min、AvailalbleForWork08、およびAvailableForWork08Min。

  • 新しいセグメント使用状況の列は、システムの全体的セグメント使用状況の傾向についての情報を提供します。この情報を使用すると、ユーザーはセグメントの使用状況をモニターし、セグメントの使用状況に関連する問題をデバッグできます。
  • 6800ノードのI/Oパフォーマンスは、ノードで使用するように構成されたコアの数によって制限される可能性があります。このパーセンテージの制限は、複数のResUsageテーブルおよびビューの新しいTIER_FACTOR列で使用できるようになりました。
  • 新しい列、キャビネットID (ノードの物理的なキャビネット番号)、およびModuleID (キャビネット内のノードの物理的なモジュール番号)は、すべてのResUsageテーブルおよびビューに追加されます。

考慮事項

  • SLES10は、このリリースではサポートされていません。
  • Capacity on Demand (COD)列名は、すべての関連付けられたテーブルで[PM|WM]_[CPU|IO]_CODから[PM|WM]_COD_[CPU|IO]に変更されます。AwtLimitは、ResUsageSawtのAWTsConfiguredに変更されます。
  • ユーザー スクリプトは、列名の変更および削除、返される列データの変更後の順序によって影響を受ける可能性があります。
  • このリリースでは、DBC.ResUsageSmhmテーブルとビュー列は入力されません。
  • Performance Data Collection and Reporting (PDCR)データベースには、ResUsageテーブルから派生したテーブル、ビュー、およびマクロがあります。そのため、ResUsageテーブルに加えられた変更は、PDCRデータベース オブジェクトにも反映されます。

追加情報

リソースのサンプリング サブシステムの変更の詳細については、<Teradata Vantage™リソース使用状況マクロとテーブル、B035-1099>を参照してください。