17.10 - 例: CHECKPOINTの使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

時間を要する操作を行なう場合、またはSQLリクエストがワークロードに多数含まれている場合は、CHECKPOINTオプションを指定する必要があります。checkpoint_trigger値は、チェックポイントを取る頻度を表わします。SQLリクエストがcheckpoint_trigger回実行されるたびに、チェックポイントが取られ、完成したIndexRecommendation情報がAnalysisLogテーブルに保管されます。

     INITIATE INDEX ANALYSIS ON table_1
     FOR MyWorkload
     IN MyQCD
     AS table_1Index
     SET IndexesPerTable = 2
     KEEP INDEX
     CHECKPOINT 10;