17.10 - DUMP EXPLAIN構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
DUMP EXPLAIN INTO QCD_name
  [ AS query_plan_name ]
  [ LIMIT [SQL [=n] ] ]
  [ CHECK STATISTICS ]
  SQL_request [;]

構文要素

INTO QCD_name
ユーザー定義の問合わせキャプチャ データベースの名前。
QCD_nameという名前のデータベースはターゲット システム上に存在している必要はありません。ただし、生成されたスクリプトが実行されるテスト システム上には、QCD_nameという名前のデータベースが存在している必要があります。
AS query_plan_name
問合わせ計画情報を格納するオプションのユーザー定義の名前を指定します。オブジェクト命名ルールの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLの基本、B035-1141>を参照してください。
query_plan_nameを指定しない場合は、クエリー計画情報は名前なしで格納されます。各クエリー計画は、固有の非NULLクエリーID付きで格納されるので、特定のデータベース内のクエリー計画を区別できます。<Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。クエリーIDは、複数のデータベース間で固有ではありません。
query_plan_nameは、固有である必要はありません。
query_plan_namequery_plan_nameとして格納できます。ただし、その場合は埋め込み文字で分離された語を"query plan name"のように単一引用符(u+0027)で囲む必要があります。
LIMIT
LIMIT SQL
LIMIT SQL=n
Query、Relation、ViewText、PredicateのそれぞれのQCDテーブルについてキャプチャされる問合わせ、DDL、ビュー テキスト、述部テキストのサイズを制限します。
この句を指定しないと、システムは完全なテキストをキャプチャします。
nの値は、キャプチャするテキストの量の上限を表わします。
LIMITだけを指定するかLIMIT SQLに値を指定しない場合、この句はLIMIT SQL = 0と同じであり、テキストはキャプチャされません。
CHECK STATISTICS
StatsRecs QCDテーブル内のSQL_requestのためのCOLLECT STATISTICS推奨事項をキャプチャすることを指定します。<Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。
SQL_request
最適化ルーチン計画情報をキャプチャし、一連のINSERTリクエストとして要求元に返す対象となるDML文を指定します。
SQL_requestは、次に示す文に限定されます。
  • DELETE
  • EXEC (マクロ形式)
  • INSERT
  • MERGE
  • SELECT
  • UPDATE