17.10 - 例: USINGリクエスト修飾子による文字列の読み取り - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例では、USINGリクエスト修飾子は、ディスク ファイルから文字列を読み、それらを符号付きゾーン小数の書式に挿入する明示的トランザクションと使用するための変数パラメータを定義しています。

USINGリクエスト修飾子はBEGIN TRANSACTION文の前にあり、BEGIN TRANSACTION文とUSING句に関連するリクエストは、複文リクエストとして入力されます。

     .SET RECORDMODE ON
     .IMPORT DATA FILE = r13sales.dat;

     USING (zonedec CHARACTER(4))
     BEGIN TRANSACTION
    ;INSERT INTO dectest (colz = :zonedec (DECIMAL(4),
     FORMAT '9999S')) ;

     USING (zonedec CHARACTER(4))
     INSERT INTO Dectest
        (colz = :zonedec (DECIMAL(4), FORMAT '9999S')) ;

     USING (zonedec CHARACTER(4))
     INSERT INTO Dectest
        (colz = :zonedec (DECIMAL(4), FORMAT '9999S')) ;
     END TRANSACTION;

BTEQのアプリケーションでは、USINGリクエスト修飾子を.REPEATコマンドと一緒に使用して、複数の挿入を自動的に実行することができます。