17.10 - 例: テーブル演算子のスパース マップの指定 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例ではスパース マップを指定するため、colocation_nameはdb1_tableop1にデフォルトで設定され、テーブル演算子が作成されると、指定したコロケーション名を上書きします。

SELECT * FROM db1.tableop1
    ( ON ( SELECT * FROM tab1) PARTITION BY col1
      ON ( SELECT * FROM tab2) PARTITION BY col2
      EXECUTE MAP = OneAMPMap
      USING myvalue(10,20)
    ) AS d1;