17.10 - ABORT構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
ABORT [ abort_message ] [ FROM option ] [ WHERE abort_condition ]

構文要素

abort_message
トランザクションが終了したときに返されるメッセージのテキストを指定します。
abort_messageを指定しない場合は、「user-generated transaction ABORT(ユーザーが生成したトランザクションABORT)」というデフォルトのメッセージが表示されます。
FROM option
WHERE句にサブクエリーが含まれる場合、またはリクエストの前にテンポラル修飾子がある場合にのみ必要な句。
SELECTリクエストに指定するのと同じ方法で、スカラー サブクエリーを、派生テーブル内の式としてFROM句の条件に記述することができます。
スカラー サブクエリーABORT文でスカラー サブクエリーを使用するためのルールを参照してください。ただし、スカラー サブクエリーとして派生テーブルを記述することはできません
FROMオプションの内容については、FROM句で説明されています。
WHERE abort_condition
条件式を導く句。トランザクションをロールバックさせる場合、この式の結果はTRUEと評価される必要があります。集約演算およびスカラーsubqueryを式に指定することができます。
WHERE句を指定しない場合、トランザクションは無条件に終了します。WHERE句を参照してください。
行レベル セキュリティ制約の値を指定すると、エンコード形式で表現しなければなりません。
WHERE条件は式を指定します。終了を発生させる場合には、この式の結果が真と評価される必要があります。結果が偽である場合には、トランザクションの処理が続行されます。