17.10 - 例: READ_NOSを使用した拡張子なしJSONファイルでのキー表示 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、JSON_KEYS関数とともにREAD_NOSテーブル演算子を使用して、JSONファイル内のキーを表示します。

まだ実行されていない場合は、許可オブジェクトを作成します。例: 許可オブジェクトの作成を参照してください。

READ_NOSを実行します。

SELECT DISTINCT * FROM JSON_KEYS (
ON (
SELECT payload FROM (
LOCATION='/s3/td-usgs-public.s3.amazonaws.com/DATA/09380000/2018/06/27'
AUTHORIZATION=MyAuthObj
) AS read_nos_query
) AS json_on_keys_query 
) AS d ;

結果:

JSONKeys        
 --------------- 
 "Flow"         
 "Precipitation"
 "Conductance"  
 "datetime"     
 "site_no"      
 "Temp"         
 "GageHeight"