17.10 - ビューを使用した行の削除 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
ビューからアクセスされるテーブルの行を削除するには、次の条件を参照してください。
  • そのビューに対して、DELETE権限を持っていなければなりません。さらに、そのビューの直接所有者(すなわち、そのビューのあるデータベース)は、行が削除される基礎となるオブジェクト(ビューまたは基本テーブル)に対するDELETE権限を持っていなければならず、WHERE句に指定されたすべてのテーブルに対してSELECT権限を持っていなければなりません。
  • ビューの各列は、基礎となるテーブル内の列と対応していなければなりません。つまり、ビュー内の列を式を使用して派生させることはできません。
  • インデックス列のデータ型定義は、ビューが参照するビュー定義および基本テーブルで一致しなければなりません。

    一般にはビュー列の型を変換できますが(例えば、VARCHARからCHARACTERへ)変換された列がインデックスの構成要素である場合は、再キャストされた列のデータ型がそのインデックスの列のデータ型定義とは一致しないため、そのインデックスは基本テーブルから行を削除するために使用されません。

    削除の結果として生じるAMP、行の性質はすべて、インデックスがデザインされたパフォーマンス上の優位性を回避します。

  • 2つのビュー列が、同じテーブルの列を参照することはできません。
  • ビューには、範囲制約のある列を含めることはできません。
  • ビューを定義するために使用される式は、ビュー内のどの列に対してもデータ型を指定することはできません。