17.05 - 埋め込みSQLの場合のROLLBACKのアクション - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

埋め込みSQLアプリケーションの中でROLLBACKを使用すると、以下のような追加の動作が実行されます。

  1. 現在のトランザクション内で準備された動的SQL文を廃棄します。
  2. 開いているカーソルを閉じます。
  3. 処理中のトランザクションによるデータベースの変更内容を取り消します。
  4. ROLLBACKが正常に実行されると、SQLCODEをゼロに設定します。
  5. abort_messageが指定されているかどうかに応じて、SQLCAの最初のSQLERRD要素を3513または3514に設定します。
  6. WHERE句が指定されていれば、SQLCAのSQLERRMフィールドにアボート メッセージを戻します。
  7. RELEASEキーワードが指定されていれば、データベースへのアプリケーション プログラム接続を(明示的または暗黙的に)終了します。
環境 LOGON/CONNECTリクエストが次のSQLリクエストの前にない場合のプリプロセッサ アクション
Mainframe-attached 暗黙的に接続を確立しようとする
Workstation-attached No Session Establishedエラーを発行する