17.05 - アンカー ピリオド拡張の使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

拡張された行は、拡張期間とオーバーラップするすべてのアンカー ピリオドに対応します。アンカー ピリオド拡張とアンカー ポイント拡張との主な違いは、アンカー ポイント拡張の場合、アンカー ポイントはアンカー期間の開始境界であり、拡張期間内である必要がありますが、アンカー ピリオド拡張の場合、アンカー ピリオドは拡張期間とオーバーラップする必要があります。

アンカー ピリオド拡張の有効な使用法を次に示します。
  • 拡張期間の継続期間は、拡張間隔の継続期間より短い。

    例えば、拡張がMONDAYごとで拡張期間がPERIOD(DATE '2011-08-14', DATE '2011-08-17')だとすると、拡張期間は火曜に始まり、同じ週の金曜に終わります。また、拡張された行は、それぞれが結果となるアンカー ピリオドPERIOD(DATE '2011-08-13', DATE'2011-08-20')です。

    この場合、入力行に対して拡張された行は1つのみです。

  • 拡張期間はアンカー ピリオドと揃ってはいないが、拡張期間の継続期間は拡張間隔より長い。

    そのような行は、結果に1つ以上の拡張された行を作成します。

    例えば、拡張が月曜ごとに行なわれ、拡張期間がPERIOD(DATE '2011-08-15', DATE '2011-08-25')の場合です。

    この場合、拡張された結果は、2つのアンカー ピリオド、PERIOD(DATE '2011-08-13', DATE '2011-08-20')およびPERIOD(DATE '2011-08-20', DATE '2011-08-27')を持ちます。

  • 拡張中の期間がアンカー ピリオドと揃い、その継続期間は拡張間隔の倍数と一致する。

    例えば、拡張が月曜ごとに行なわれ、拡張期間がPERIOD(DATE '2011-08-20', DATE '2011-08-27')とすると、拡張された行には、PERIOD(DATE '2011-08-20', DATE '2011-08-27')が含まれます。