17.05 - CHECKPOINT構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

対話形式

CHECKPOINT table_name [, NAMED checkpoint_name ] [;]

構文要素

table_name
チェックポイント登録項でマークを付けるジャーナル テーブル。
checkpoint_name
データベース回復活動でチェックポイント登録項を参照するために使用できるラベル。
checkpoint_nameは固有名でなければなりません。
checkpoint_nameがジャーナル内の既存のエントリと重複している場合は、システム割り当てのイベント番号で修飾できます。
checkpoint_nameを指定しない場合は、回復活動において、チェックポイント登録項をイベント番号で参照しなければなりません。

埋め込みSQLとストアド プロシージャの形式

CHECKPOINT [ database_name. ] table_name
  [, NAMED { checkpoint_label | :label_host_variable } ]
  INTO [:] host_variable_name
  [ [ INDICATOR ] :host_indicator_variable_name ]

構文要素

database_name
チェックポイント フラグを作成するデータベースの名前。名前の後にピリオドを付ける必要があります。
table_name
チェックポイント フラグを作成するテーブルの名前。
checkpoint_label
チェックポイントにラベルを付けるSQL識別子。
label_host_variable
チェックポイントのラベルの付いたホスト変数。
コロンが必要です。
host_variable_name
チェックポイント フラグを備えたホスト変数の名前。
先行コロンを使用するかどうかは任意指定です。
host_indicator_variable_name
NULLを受け取る任意指定のホスト標識変数の名前。