17.05 - 問題のある問合わせの記録 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

問題のあるDMLリクエスト(問合わせ)を記録する最善の方法として、問合わせを実行するときにXMLPLANロギングを指定することを推奨します。XMLPLANオプションを使用すると、最適化ルーチンによって生成された問合わせ計画が、XMLドキュメントとしてキャプチャ(記録)され、問合わせでのパフォーマンスの問題を診断するために、これをTeradataサポート ツールで使用できます。問合わせ計画は、DBC.DBQLXMLTblシステム テーブルに格納されます。XMLPLANオプションを使用してDMLリクエストの問合わせ計画を取得する方法の詳細については、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184BEGIN QUERY LOGGINGを参照してください。BEGIN QUERY LOGGING文の構文および、文のオプションの説明の詳細については、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144を参照してください。