17.05 - FROM句の構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
FROM source_spec [,...]

構文要素

source_spec
{ table_name [ [AS] correlation_name ] |
  join |
  derived_table_spec |
  table_function |
  table_operator
}
table_name
基本テーブル、キュー テーブル、グローバル一時テーブル、揮発テーブル、派生テーブル、またはビューの名前。データベースを省略した場合には、前後関係から推測されます。
correlation_name
table_nameによって参照されるテーブルのオプションの別名。
自己結合では、correlation_nameを指定する必要があります。
ANSI SQLでは、テーブルの別名を相関名といいます。相関名は範囲変数ともいいます。
join
joined_table {
  [ INNER | { LEFT | RIGHT | FULL } [ OUTER ] ]
    JOIN joined_table ON search_condition |

  CROSS JOIN single_table
}
derived_table_spec
派生テーブルを参照してください。
table_function
テーブル オプションを参照してください。
table_operator
テーブル演算子を参照してください。
joined_table
結合テーブル名は、オプションで別名を持つ単一テーブルの名前か、入れ子結合を示す結合テーブルの名前のどちらかになります。
INNER
一方のテーブルの修飾行が、何らかの結合条件に従って、別のテーブルの修飾行と結合される結合。
内部結合はデフォルト値の結合タイプです。
OUTER
一方のテーブルが、他方のテーブルに一致する行がない場合に、内部結合からの一致する行とともに、一方のテーブルの修飾行が結合結果に含まれる結合を指定します。最初のテーブルの行が、nullで拡張されます。
LEFT OUTER
FROM句に最初にリストされたテーブルとの外部結合。
LEFT OUTER JOINでは、左側のテーブル内の、2つのテーブルの内部結合の結果に返されない行が、nullで拡張されて外部結合の結果に返されます。
RIGHT OUTER
FROM句に2番目にリストされたテーブルとの外部結合。
RIGHT OUTER JOINでは、右側のテーブル内の、2つのテーブルの内部結合の結果に返されない行が、nullで拡張されて外部結合の結果に返されます。
FULL OUTER
行は両方のテーブルから返されます。
FULL OUTER JOINでは、両方のテーブル内の、内部結合の結果に返されなかった行が、nullで拡張されて外部結合の結果に返されます。
search_condition
結果の行が満たしていなければならない、スカラー サブクエリーを含む1つまたは複数の条件式を指定します。
search_conditionが式で呼び出されて値式を返す場合は、スカラーUDFのみを指定できます。
検索条件に行レベル セキュリティ制約の値を指定すると、エンコード形式で表現しなければなりません。
FROM句に外部結合を指定する場合には、ON条件句は必須です。
CROSS JOIN
制約のない結合または直積の結合。FROM句で指定されたすべてのテーブルからすべての行を返します。2つの結合テーブルを相互結合することができます。
single_table
joined_tableで相互結合される、単一の基本テーブルまたは派生テーブルあるいはビューの名前。