17.05 - ロックと並行性 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
INSERT操作は、更新中のテーブルに適切なレベルでWRITEロックを設定します。
  • すべてのAMP上のテーブルのすべての行に対するテーブル レベル ロック
  • すべてのAMP上の選択したパーティションのすべての行に対するパーティション ロック
  • 1つのAMPに同じハッシュ値を持つ行に対する行ハッシュ、または1つのAMPに同じパーティション値とハッシュ値を持つ行に対する行キー

ターゲット テーブルがロード分離で、挿入が分離ロード操作でない場合、WRITEロックではなくEXCLUSIVEロックがそのレベルで適用されます。WITH NO ISOLATED LOADINGオプションが指定されている、または分離ロード操作がテーブルまたはセッションで無効になっている場合、挿入は分離ロード操作ではありません。CREATE TABLE WITH ISOLATED LOADINGオプションとSET SESSION FOR ISOLATED LOADING文の詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

SELECTサブクエリー操作に対して設定されたロックは、セッションの分離レベル、AccessLockForUncomRead DBS制御フィールドの設定、および、SELECT操作やINSERTリクエストのなかにサブクエリーが埋め込まれているかどうかによって異なります。

トランザクションの分離レベル DBS制御AccessLockForUncomReadフィールド設定 外部SELECTと通常のSELECTサブクエリー操作におけるデフォルト値のロック重大度 INSERTリクエスト内に埋め込まれているSELECTオプションに対するデフォルトのロック重大度
SERIALIZABLE FALSE READ READ
TRUE READ
READ UNCOMMITTED FALSE READ
TRUE ACCESS
以下も参照してください。
  • Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184のSET SESSION CHARACTERISTICS AS TRANSACTION ISOLATION LEVEL
  • Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142
  • Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102