17.05 - 埋め込みSQLおよびストアド プロシージャのルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
検索形式のUPDATE文には、次のルールが適用されます。
  • ホスト変数参照を使用する場合、SET句およびWHERE句で、ホスト変数の前にコロン記号が必要となります。その他の場合にはコロンは任意指定となりますが、強く勧められています。
  • WHERE句を使ってUPDATEリクエストを指定する場合、検索条件によって選択される行が存在しなければ、値 +100がSQLCODEに代入され、いずれの行も更新されません。
  • 行の更新は、それぞれの更新値を元の行の対応する列に代入することによって行なわれます。行の更新では、NOT NULL属性を持つすべての列は更新後にNULLになければなりません。そうでない場合、SQLCODEが –1002に設定されて、その行は更新されません。

    更新値は、ホスト変数のルールに従って、対応する行列値として設定されます。

  • table_nameで識別されるテーブルがWITH CHECK OPTIONを指定するビューである場合には、そのビューを通して更新されるすべての値は、ビュー内のすべてのWHERE句が指定する制約を満たさなければなりません。