17.05 - 例: READ_NOSを使用した拡張子なしJSONファイルでのキー表示 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、JSON_KEYS関数とともにREAD_NOSテーブル演算子を使用して、JSONファイル内のキーを表示します。

JSONファイルでのキーの表示

以下のSELECT文では、ANY IN TABLE句を含むREAD_NOS_json_intable_fm関数マッピングをJSON_KEYS関数とともに使用し、外部JSONファイル27内のキーを表示します。

関数マッピングREAD_NOS_json_fmをまだ作成していなければ作成します。例: JSONデータ ファイルにANY IN TABLEを使用した関数マッピング定義を参照してください。

READ_NOSを実行します。

SELECT DISTINCT * FROM JSON_KEYS (
ON (
  SELECT payload FROM READ_NOS_json_intable_fm (
    ON (SELECT CAST(NULL AS JSON) )
    USING
    LOCATION('/s3/td-usgs.s3.amazonaws.com/DATA/09380000/2018/06/27')
    RETURNTYPE('NOSREAD_RECORD')
  ) AS read_nos_query
) AS json_on_keys_query ) AS d ;

結果:

JSONKeys        
 --------------- 
 "Flow"         
 "Precipitation"
 "Conductance"  
 "datetime"     
 "site_no"      
 "Temp"         
 "GageHeight"