17.05 - UPDATE文構文(アップサート形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
{ UPDATE | UPD }
  [ with_isolated_loading ]
  table_name_1
  [ [AS] correlation_name ]
  SET set_spec [,...]
  WHERE condition ELSE { INSERT | INS } [INTO] table_name_2
  { [ VALUES ] ( expression [,...] ) |
    ( column_name [,...] ) [ VALUES ] ( expression [,...] ) |
    DEFAULT VALUES
  } [;]

構文要素

with_isolated_loading
WITH [NO] [CONCURRENT] ISOLATED LOADING
table_name_1
更新する行セットの入っているテーブルまたはキュー テーブルの名前。または、基本テーブルへのアクセスに使われるビューの名前。テーブルにはプライマリ インデックスが必要で、行パーティション化できますが、列パーティション化はできません。
これは、table_name_2の指定に一致しなければなりません。
correlation_name
table_name_1の別名。
set_spec
column_name [.mutator_method_name] = expression
condition
更新する行を指定する述部。
  • UPDATEターゲットがUPI付きのSETテーブルである場合、1回のリクエストで1つの行のみを更新できます。
  • UPDATEターゲットがNUPI付きのSETテーブルまたはMULTISETテーブルである場合、1回のリクエストで複数の行を更新できます。
table_name_2
挿入する行セットの入っているテーブルまたはキュー テーブルの名前。または、基本テーブルへのアクセスに使われるビューの名前。
この名前は、table_name_1に指定されている名前に一致しなければなりません。
expression
table_name_2に挿入されるデフォルト以外の一連の値。
table_name_2という名前のテーブルで定義されているtable_name_2列ごとに値またはnullを指定しないと、挿入は失敗することに注意してください。
column_name
expressionで指定されている値が挿入される列集合。
DEFAULT VALUES
デフォルト値で構成される行が、table_nameに追加されます。
DEFAULT句を定義された行がない場合、このプロセスによってその行にnullが挿入されます。
WITH [NO] ISOLATED LOADING
NOを含めないと、UPDATEを同時ロード分離操作として実行できます。
NOを含めると、UPDATEは同時ロード分離操作として実行されません。
CONCURRENT
読みやすくするために含めることができるオプションのキーワード。
column_name = expression
column_name内の更新対象の値式。これはDEFAULT関数でもかまいません。
SET句のホスト変数には、その直前にコロン記号が常に必要となります。
派生PERIOD列名を指定することはできません。
mutator_method_name
column_nameに対して更新操作を実行するミュテーター メソッドの名前。
ミュテーターSET句を使用したSTRUCTURED型UDTの更新を参照してください。