17.05 - 例 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

例: DISTINCTの簡単な利用

次の文は、固有なジョブ タイトルの数を返します。

     SELECT COUNT(DISTINCT JobTitle)
     FROM …

次の文は、employeeテーブルから固有な部門番号を一覧テーブルにします。

     SELECT DISTINCT dept_no
     FROM employee;

返される結果は、次のとおりです。

     dept_no
     -------
         100
         300
         500
         600
         700

例: 集約でのDISTINCTの使用

次の文は、SUMおよびAVG集約演算子をそれぞれ列xに適用する前に、DISTINCT演算子を使用して重複値を除去します。

     SELECT SUM(DISTINCT x), AVG(DISTINCT x)
     FROM test_table;

サブクエリーを指定する場合、最初のまたは最高の集約レベルでのみDISTINCT集約を実行できます。

DECIMAL(m,n)列でのSUM操作の結果のデータ型は、このテーブルで説明するとおり、DECIMAL(p,n)になります。

DBS制御フィールドMaxDecimalが次の値に設定されている場合 条件 pは次の値になる
  • 0
  • 15
m  15 15
15 < m  18 18
m > 18 38
18 m  18 18
m > 18 38
31 m  31 31
m > 31 38
38 m = 任意の値 38