17.05 - 例: 明示的分離ロード操作によるテーブルへの挿入 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロード分離テーブルの定義および明示的な分離ロード操作の実行に関する詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>のロード分離文でCREATE TABLEとALTER TABLEのWITH ISOLATED LOADINGオプションを参照してください。

この例に使用するテーブル定義は、次のとおりです。

CREATE TABLE ldi_table1,
     WITH CONCURRENT ISOLATED LOADING FOR ALL
     (a INTEGER,
      b INTEGER,
      c INTEGER)
PRIMARY INDEX ( a );


CREATE TABLE t1
     (c1 INTEGER,
      c2 INTEGER,
      c3 INTEGER)
PRIMARY INDEX ( c1 );
この文は、テーブルldi_table1で明示的な同時ロード分離の操作を実行します。
 BEGIN ISOLATED LOADING ON ldi_table1 
    USING QUERY_BAND 'LDILoadGroup=Load1;';
この文は、分離ロード セッションとしてセッションを設定します。
SET QUERY_BAND='LDILoadGroup=Load1;' FOR SESSION;
この文は、テーブルldi_table1への明示的な同時ロード分離の挿入を実行します。
 INSERT INTO ldi_table1 SELECT * FROM t1 WHERE c1 > 10;
この文は、明示的な同時ロード分離の操作を終了します。
END ISOLATED LOADING FOR QUERY_BAND 'LDILoadGroup=Load1;';
この文を使用すると、同じセッションで次のロード操作のクエリー バンドを削除できます。
SET QUERY_BAND = 'LDILoadGroup=NONE;' FOR SESSION;