17.05 - 外部結合を使用するための指針 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部結合は適切に使用すると、複数の問合わせやステップが必要な単一の問合わせからの追加情報を提供します。ただし、外部結合を適切に使用して、構文的に正確であるだけでなく、ビジネスの命題に正しい応答を返す方法で外部結合の問合わせを実行するには、「常識的な」手法が常に当てはまるとは限らないため、訓練と経験が必要です。

ビジネス命題に対する正しい応答を外部結合を使用して得ているかどうか確認するには、これらの手順を参照してください。

  1. 応答しようとしている命題を理解し、テーブルの統計情報について知る。

    始める前に、考えられる応答セットを仮定する必要があります。単一テーブルの基数の見積もりおよび内部結合の基数の見積もりを参照してください。

  2. 結合条件と検索条件を適切な場所で設定することに注意を払いながら、問合わせを記述してください。
    条件
    参加。 ON
    内部テーブルの検索条件の述語。 ON
    外部テーブルの検索条件の述部 WHERE
  3. 問合わせを実行する前に、常にその問合わせのEXPLAINを実行します。

    EXPLAINテキストで外部結合という語を探します。EXPLAINに外部結合が含まれない場合、最適化ルーチンは外部結合計画を生成していません。

  4. 問合わせを実行して、期待していた内容とその結果を比較します。
    応答セット 説明
    期待と一致する。 応答セットは正しいと思われます。
    期待と一致しない。 外部結合のON句およびWHERE句で選択基準の述部の場所を調べます。

リクエストに応えるために、最適化ルーチンが使用する各種の結合方法については、Teradata Vantage™ - SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142を参照してください。