17.05 - DROP STATISTICS構文(QCD形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
DROP { STATISTICS | STATS | STAT }
  FROM QCD_name
  [ON] [ database_name. | user_name. ] table_name

  [ COLUMN { { column_name | PARTITION } |
             ( { column_name | PARTITION } [,...] )
           } |

    INDEX { index_name | ( column_name [,...] ) }
  ] [;]

構文要素

FROM QCD_name
指定されたテーブルの列およびインデックスに関する統計をTableStatisticsテーブルから削除する対象となるQCDデータベースの名前を指定します。
database_name | user_name
table_nameの格納先データベースまたはユーザーの名前(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
table_name
サンプル列およびインデックス統計を削除するテーブルの名前を指定します。
COLUMN column_name
サンプル統計を削除するインデックスの付けられていない列のセットを指定します。
UDT列に関する統計を削除することはできません。
COLUMN PARTITION
テーブルのシステム派生のPARTITION列に関する統計を削除します。
DROP STATISTICSリクエストでテーブルのPARTITION#Ln列を参照することはできません。
PARTITION列の詳細については、テーブルのPARTITION列のQCD統計の収集を参照してください。
INDEX index_name
サンプル統計を削除するインデックスの名前を指定します。
INDEX column_name
サンプル統計データを削除する列セットを指定します。