17.05 - TOP n演算子のルールと制限 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下のSQL文または文のコンポーネントで、TOP n演算子を指定することはできません。
  • 相関サブクエリー
  • 検索条件の中のサブクエリー
  • CREATE JOIN INDEX
  • CREATE HASH INDEX
  • CREATE RECURSIVE VIEW文またはWITH RECURSIVE文修飾子のシード文または再帰文
  • 集合操作のサブ選択(subselect)
TOP n演算子を指定したSELECT文で、以下のオプションを使用することはできません。
  • DISTINCTオプション
  • QUALIFY句
  • SAMPLE句
  • WITH句

    この制限は、サマリー行や改行に指定できるWITH句に対するものです。WITH句を参照してください。SELECTキーワードの前に置くことができる非再帰的WITH文修飾子は、TOP n演算子も指定する文に含めることができます。WITH修飾子を参照してください。

  • ソート式が順序分析関数であるORDER BY句

TOP n指定のn値は、反復配列処理のUSINGパラメータとして指定できません。例については、例: TOP nを使った反復リクエストの非サポートを参照してください。