17.05 - COMMENT (コメント取得形式) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

データベース オブジェクトまたは定義に以前挿入されたコメントを取得します。

このSQL文のコメント書き込み形式の詳細については、Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184を参照してください。

ANSI準拠

COMMENTは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

必要な権限

なし。

自動的に与えられる権限

なし。

COMMENT (コメント取得形式)を使用するためのルール

COMMENT文のコメント取得形式を使用する場合、以下のルールが適用されます。
  • COMMENT (コメント取得形式)は、トランザクション処理のDML文として処理されるので、2PCセッション モードで使用できます。2フェーズ コミット プロトコルの簡単な説明については、<Teradata Vantage™ - Databaseの概要、B035-1091>を参照してください。

    Teradataセッション モードでは、明示的トランザクションの境界内であればどこでもCOMMENT (コメント取得形式)リクエストを指定できます。

  • コメントを取得する場合は、オブジェクト名の指定の後にコメント文字列を指定ない
    状況 システムの実行内容
    コメント文字列を指定する 以下のいずれかを実行します。
    • 指定されたオブジェクトに既存のコメントが無い場合、データベースはデータ ディクショナリ内のオブジェクトに指定されたコメント文字列を配置します。
    • 指定されたオブジェクトに既存のコメントが無い場合、データベースはデータ ディクショナリ内の既存のコメントを、新規に指定された文字列に置き換えます。
    コメント文字列を指定しない 以下のいずれかを実行します。
    • 指定されたオブジェクトに既存のコメントが無い場合、データベースはNULLを返します。
    • 指定されたオブジェクトに既存のコメントがある場合、データベースはデータ ディクショナリ内に保管されているとおりにそのコメントのテキストを返します。
  • 指定したオブジェクトの種類がGROUPの場合は、これらが含まれるデータベースまたはユーザー名を指定できません。