17.05 - INITIATE INDEX ANALYSISを実行する場合のルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
INITIATE INDEX ANALYSISには、以下のルールが適用されます。
  • この分析では、有効なワークロードコンポーネントとして次のDML文のいずれかを受け付けます。
    • DELETE
    • INSERT
    • MERGE
    • SELECT
    • UPDATE
  • 指定されたQCDデータベースがシステムに存在している必要があります。そうでない場合、リクエストはアボートし、システムがエラーを返します。
  • 指定されたワークロードが指定されたQCD_nameデータベースに存在している必要があります。そうでない場合、リクエストはアボートし、システムがエラーを返します。
  • テーブルのリストを指定する場合は、そのテーブルのリストだけがインデックス分析で考慮されます。

    テーブルのリスト内の少なくとも1つのテーブルと一致するテーブルがワークロードに含まれていない場合は、エラーが報告されます。含まれている場合は、一致するテーブルのリストだけがインデックス分析で考慮されます。

  • ワークロードにつき最大で1,024のテーブルが分析可能です。
  • インデックス分析で同じテーブルが重複して指定されている場合は、エラーが報告されます。
  • インデックス分析パラメータは反復して指定できません。

    繰り返される場合またはパラメータの値が範囲外の場合は、リクエストはアボートし、システムによりエラーが返されます。

  • セッションがログオフされた場合またはINITIATE INDEX ANALYSISの実行中にセッションが再開された場合で、チェックポイントを指定していない場合は、インデックスの推奨事項は保存されません。

    インデックスの推奨事項を作成するには、再開されたセッションでINITIATE INDEX ANALYSISリクエストを再実行する必要があります。