17.05 - 例: Null化されたEXPAND操作 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、拡張される列が問合わせの選択リストに指定されていなくても、DISTINCT演算子がである、EXPAND演算子はNull化される方法を示します。

     CREATE SET TABLE df2.t1, NO FALLBACK, NO BEFORE JOURNAL,
                              NO AFTER JOURNAL, CHECKSUM = DEFAULT,
                              DEFAULT MERGEBLOCKRATIO (
       i  INTEGER,
       j  INTEGER,
       pd PERIOD(DATE) FORMAT 'yyyy-mm-dd')
     PRIMARY INDEX (i);

この例の最初のSELECT文では、DISTINCT演算子を指定していません。

     EXPLAIN SELECT i,j
             FROM t1
             EXPAND ON pd AS expd BY INTERVAL '1' DAY;

EXPLAINはEXPAND ON t1.pdを示します。

以下のSELECT文では、DISTINCT演算子を指定しています。

     SELECT DISTINCT i,j
             FROM t1
             EXPAND ON pd AS expd BY INTERVAL '1' day;

EXPLAINは、重複行の整列と排除を示します。DISTINCT演算子によって、EXPAND ONステップが不要になります。