17.05 - INSERT処理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)
INSERT処理は、次のアクションを実行します。
  1. 行キー、パーティション、またはテーブルにWRITEロックを適宜設定します。
  2. INSERT操作全体を、all-or-nothing操作として実行します。トランザクションは、すべての行が正常に挿入されるか、1行も挿入されないかのどちらかです。

    これにより、部分的に挿入されることを防いでいます。

セッション モード 失敗したINSERT結果
ANSI エラーのあるリクエストのみをロールバックします。
Teradata 失敗したリクエストを含むトランザクション全体をロールバックします。

文の独立性に対応する複文INSERTリクエスト ロールバックのルールでは、トランザクションまたは複文リクエスト内のINSERTエラーを、より緩やかに処理できるようにすることもよくあります。文の独立性が関係する状況で失敗したINSERT操作の詳細については、複文および反復INSERTリクエストを参照してください。

FALLBACKを指定して定義されたテーブルや、セカンダリ インデックス、結合インデックスまたはハッシュ インデックスを付けて定義されたテーブルに対するINSERT操作は、処理時間が長くかかります。これは、テーブルのFALLBACKコピーやインデックスも変更する必要があるためです。