17.05 - 例: ローカル コピーの前に行のデータ ブロックおよび個々の行をランダムに再配置するためのRANDOMオプションの利用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例のために以下のNoPIテーブルを作成したとします。

     CREATE TABLE tnopi1 (
       a INT,
       b INT,
       c INT)
     NO PRIMARY INDEX;

     CREATE TABLE tnopi2 (
       a INT,
       b INT,
       c INT)
     NO PRIMARY INDEX;

以下のINSERT...SELECTリクエストはRANDOMオプションを使用して、ローカルにtnopi1へコピーする前にtnopi2からランダムに行のデータ ブロックを再配置します。

     INSERT INTO tnopi2
       SELECT *
       FROM tnopi1
       HASH BY RANDOM;

以下のINSERT...SELECTリクエストはRANDOM関数を使用して、ローカルにtnopi2 へコピーする前にtnopi1からランダムに個々の行を再配置します。

     INSERT INTO tnopi2
       SELECT *
       FROM tnopi1
       HASH BY RANDOM(1, 2000000000);