17.05 - 例: ターゲット テーブルをソース テーブルとして使用 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Published
2021年1月
Language
日本語
Last Update
2021-03-30
dita:mapPath
ja-JP/vnq1596660420420.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/vnq1596660420420.ditaval
dita:id
esx1472246586715

次の例は、ターゲット テーブルt1をソース テーブルとして使用します。

     MERGE INTO t1
       USING t1 AS s
       ON t1.a1 = s.a1
     WHEN MATCHED THEN
       UPDATE SET b1 = 10
     WHEN NOT MATCHED THEN
       INSERT VALUES (s.a1, s.b1, s.c1);