17.05 - オブジェクトの削除、名前変更、置換 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

プロシージャが、削除または名前変更のいずれかが行なわれた別のプロシージャを参照している場合のシナリオについて考えてみましょう。

呼び出すプロシージャXが、別のプロシージャYを参照している場合、Yを実行する前に、Xに対して削除、名前変更、置換のいずれかが行なわれていると、以下のようになります。

セッション モード Xが内部CALLを発行してYを実行した場合に生成される状況
ANSI エラー
Teradata 失敗

指定の引数がYの変更後の定義と互換性がない場合に、Yを置換すると、ANSIセッション モードでエラーが生成されるか、Teradataセッション モードで失敗が生成されます。

次の場合にエラーまたは失敗が起こります。
  • 呼び出し引数の数が、Yの変更後の定義内のパラメータの数と等しくない場合。
  • 呼び出し引数のデータ型が、Yの変更後のパラメータと互換性がない場合。

こうした条件は、参照先のデータベース オブジェクトの属性についても当てはまります。