17.05 - SAMPLEID式 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

行が帰属する標本を識別します。その際、SELECT文中のSAMPLE句に指定されている別の標本に属する行が分別されます。

ANSI準拠

SAMPLEIDは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

Sample IDの定義

1からnまで(nはSAMPLE句で要求されている標本数)のSAMPLE句の指定を左から右への順序で、行が帰属する標本が標本IDによって識別されます。

SAMPLEIDのルールと制限

ルールと制限を以下に示します。
  • SAMPLEIDは、SAMPLE句を使ってのみ指定することができ、選択リストの一部としてか、またはORDER BY句式内で使うことができます。
  • SAMPLEIDは選択リストに指定された唯一の条件にすることはできません。SAMPLEIDを指定する場合、SAMPLEIDではない列式を少なくとも1つは指定しなければなりません。

層化サンプリングを指定したSAMPLEIDの使用

SAMPLEID値は、層化するかどうかにかかわらず、指定された標本がn個の場合、単純に1, 2, 3, ... nです。したがって、以下のSAMPLE句の場合、

 
SAMPLE WHEN state = 'CA' THEN
0.3,
0.2
ELSE
0.5,
0.2
対応するSAMPLEIDは以下のとおりです。 1 2   3 4