VMサイズのスケール アップ/スケール ダウン| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - VMサイズのスケール アップまたはスケール ダウン - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
前提条件この手順を実行するには、コントリビューターの役割が割り当てられている必要があります。
システムのVMサイズを変更することで、Vantageをスケール アップまたはスケール ダウンできます。サポートされているVMサイズのみをスケーリングするようにしてください。
サポートされていないVMサイズをスケーリングすると、データベースのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。ローカルストレージVMのサイズをスケーリングすると、データが失われます。
  1. データベースを停止します。
    # tpareset -x stop system
  2. すべてのノードで次のコマンドを実行して、データベースがダウンしていることを確認します。
    # pdestate -w
    PDE state: DOWN/HARDSTOP
  3. Azureポータルから、すべてのVMで停止をクリックします。
  4. VMをスケール アップまたはスケール ダウンします。
    1. Azureポータルから、Vantageリソース グループを見つけます。
    2. 割り当て解除されたVMごとに、設定ペインでサイズをクリックし、別のVMサイズを選択します。
      VMに接続したドライブの数をサポートするVMを選択します。より少ないドライブをサポートするVMサイズを選択すると、エラーが発生します。
    3. すべてのVMがスケーリングされたことを確認します。
  5. これらのオプションのいずれかを使用してVMを起動します。
    オプション アクション
    Azureポータル VMの数が少ない場合は、このオプションを使用してください。
    1. Azureポータルから、Vantageリソース グループを見つけます。
    2. 停止した各VMを見つけて、開始をクリックします。
    Azure CLI 多数のVMがある場合は、このオプションを使用します。続行する前に、 Azure CLI 2.0をインストールしてください。
    1. CLIコマンドプロンプトから、次のコマンドを入力します。
      az vm start -n -rg
      ここで、
      • -nはAzureの名前です。
      • -rgは、VMを含むAzureリソース グループの名前です。
    2. Enterを押して、すべてのVMが起動するまでこれらの手順を繰り返します。
  6. システムが実行されていることを確認します。
    # pdestate -a
    PDE状態がすべてのVMでRUN/STARTEDを示している場合は、すべてのVMを正常にスケーリングし、残りの手順をスキップできます。いずれかのVMでPDE状態がDOWN/HARDSTOPを示している場合は、次の手順に進みます。
  7. 故障したAMPを特定し、オンラインに戻します。
    1. Vproc Managerから、STATUSと入力して、障害が発生したAMPを識別します。
    2. 次のように入力して、各AMPまたは一連のAMPをオンラインにします。
      Set ### to ### online、ここで最初の###は最初のAMP番号で、2番目の###は最後のAMP番号です。たとえば、0 to 10 onlineを設定します。
    3. QUITと入力します。
    4. コマンド ラインから、データベースを停止します。
      # tpareset -x
    5. データベースがダウンしていることを確認します。
      # pdestate -w
      PDE state: DOWN/HARDSTOP
  8. データベースを再起動します。
    # /etc/init.d/tpa start
  9. データベースが実行されていることを確認します。
    # pdestate -a
    PDEの状態は、すべてのVMでRUN/STARTEDを表示する必要があります。 PDEの状態がDOWN/HARDSTOPを示している場合は、前の手順を繰り返してデータベースを停止および再起動します。
    PDEに引き続きDOWN/HARDSTOPが表示される場合は、Teradataサービスに連絡してください。
  10. Vproc Managerから、STATUSと入力して、すべてのAMPがONLINEであることを確認します。