シングルノードシステムのノード障害回復| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - シングルノードシステムのノード障害回復 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
シングルノードシステムの場合、次のシナリオでは、障害が発生したノードの回復は自動的に行われます。アップグレード後の復元イメージを作成する必要はありません。
  • ホストでハードウェアの問題が発生した場合、 AzureはVMを他のホストに移行します。
  • ハイパーバイザーやゲストエージェントの問題など、プラットフォームの問題が発生した場合、VMが再起動する可能性があります。
  • 計画的なメンテナンスがスケジュールされている場合、ホストの更新によりVMが約30秒間一時停止する可能性があります。一部のアップデートでは、VMが再起動する場合があります。

予期しない再起動については、 Azureアクティビティログを確認してください。再起動に関連する情報が見つからない場合は、 Azureサポートリクエストを作成して、 Azureがバックエンドの可用性ログで問題を検索できるかどうかを確認します。Azureドキュメント センターを参照してください。

10分経ってもVMが自動的に再起動しない場合は、Server ManagementまたはViewpointでアラートを確認してください。 Azure Guest OSの問題が原因でカーネルに障害が発生したり応答しなくなったりした場合、障害が発生したノードは自動的に回復されないため、手動でデバッグする必要があります。

サポートが必要な場合は、Teradataカスタマー サポートにお問い合わせください。