ServiceConnect暗号化オプションの管理 | Teradata Server Management - 2.3 - 暗号化オプションの管理 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval
"" サービス ユーザー、管理者
これは、CMICでServiceConnectを構成している場合にのみ適用されます。

必要に応じて、安全な接続のためのオプションを構成します。

  1. Web Clientで、"" > 設定 > 暗号化を選択します。
  2. AESまたはなしを選択します。
    • AESを推奨。これは、エンタープライズ サーバーからゲートウェイへのトンネルで使用される暗号化を表わす。
    • AESがデフォルトであり、Teradataではこの値を変更することを推奨していない。
  3. ゲートウェイからエンタープライズへの接続でより安全なSSL暗号を使用するには、SSLの有効化を選択します。これはデフォルトであり、Teradataではこの値を変更することを推奨していません。
    1. 暗号スイート名としてALLを指定します。
      • ALLを使用すると、ゲートウェイとエンタープライズは、両方で使用可能な最強の暗号をネゴシエートできる。
      • ALLがデフォルトであり、Teradataでは、顧客サイトのプロキシ サーバーで必要とされない限り、この値を変更することを推奨していない。
      • SSL構成画面からSSLを無効にしたり、代替暗号スイート名を有効にしたりすることができる。この情報はCMIC構成に追加される。
  4. 適用をクリックします。