フォールバック機能| Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - フォールバック - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

フォールバックは、AMP Vprocに障害が発生した場合にデータを保護するVantageの機能です。フォールバックは、高可用性を必要とするアプリケーションで特に役立ちます。パブリック クラウドにVantageシステムを展開すると、フォールバックはデフォルトで有効になり、無効にすることはできません。テーブルの作成中または作成後にフォールバック設定を上書きすることはできません。

フォールバックは自動的かつ透過的であり、同じクラスタ内の異なるAMPにテーブルの各行の2番目のコピーを保存することでデータを保護します。 AMPに障害が発生した場合、システムはフォールバック行にアクセスして要求に応えます。フォールバックは、テーブルレベルでAMPフォールトトレランスを提供します。フォールバックテーブルでは、1つのAMPに障害が発生しても、すべてのデータを引き続き使用できます。データへのアクセスを失うことなく、フォールバックテーブルを引き続き使用できます。フォールバックは、行の2つのコピーが常に異なるAMPにあることを保証します。いずれかのAMPに障害が発生した場合でも、代替行はもう一方のAMPで使用できます。

Vantageのドキュメントを参照してください。