バックアップ ターゲットとしてのBlobStorageの使用 | Teradata Vantage on Azure (DIY) - 2.3 - バックアップ ターゲットとしてのBlobStorageの使用 - Teradata Vantage on Azure

Teradata Vantage™ on Azure (DIY) インストールと管理ガイド

Product
Teradata Vantage on Azure
Release Number
2.3
Published
2022年4月
Language
日本語
Last Update
2022-04-26
dita:mapPath
ja-JP/jsn1635415435502.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/fui1635951983017.ditaval

バックアップ ターゲットとしてBlobストレージを使用して、 Azureパブリック クラウドまたはVantageオンプレミス システムに存在するVantage VMをAzureパブリック クラウドにバックアップできます。バックアップは、BlobストレージからAzureパブリック クラウドまたはVantage オンプレミス システム内の同じまたは異なるVantage VMに復元できます。

DSUのバックアップ ターゲットとしてBlobストレージを使用する前に、次の制限を考慮してください。
  • DSUはホットBLOBストレージとコールドBLOBストレージの両方をサポートしますが、バックアップ ターゲットグループごとに使用できるタイプは1つだけです。
  • 使用できるDSCリポジトリは1つだけです。バックアップジョブを1つのDSCからエクスポートして別のDSCにインポートすることはできません。
  • DSCリポジトリのバックアップと復元のターゲットグループをBlobストレージにすることはできませんが、ローカル ディスク ファイル システムである必要があります。

Blobストレージ ターゲット グループの初期構成は、 Teradata BARポートレットを使用して完了する必要があります。Teradata® DSAユーザー ガイドを参照してください。

ストレージの割り当ては、 Azureストレージ アカウントの最大容量まで自動的に拡張されます。 Azureストレージ アカウントの制限とパフォーマンス目標の詳細については、Azureドキュメント センターを参照してください。