17.00 - 非ターゲット システムの指定 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

1つ以上のTeradata DatabaseシステムがData Moverジョブのターゲット システムになるのを防ぐことができます。このオプションを選択すると、ジョブを実行するときに、意図しないターゲット システムにデータがコピーされないようにすることができます。

システムはTDPIDホスト名またはIPアドレスで指定することができますが、Data Moverコマンド内のシステム指定と同じ方法で指定する必要があります。例えば、Data MoverコマンドでIPアドレスを使用してシステムを指定した場合は、非ターゲット システムをIPアドレスで指定する必要があります。

  1. list_configurationコマンドを実行してconfiguration.xmlを生成します。
  2. 編集のためにconfiguration.xmlを開きます。
  3. property要素の下のjob.never.target.systemキーに対し、value要素をtrueに設定します。
    このキーのデフォルト値はfalseです。
  4. systemList要素をvalueの下に追加します。
  5. それぞれの非ターゲット システムに対し、targetSystem要素を追加し、システムのTDPIDホスト名またはIPアドレスを入力します。
  6. エントリを/targetSystem要素で終了します。
  7. configuration.xmlを保存し、save_configurationコマンドを実行して非ターゲット システムの新しいリストでデーモンを更新します。
次の例のconfiguration.xmlでは、TDPIDホスト名がPROD2PROD3のTeradata Databaseシステムはターゲット システムとして使用できません。
<property>
 <key>job.never.target.system</key>
 <value>true</value>
  <systemList>
   <targetSystem>PROD2</targetSystem>
   <targetSystem>PROD3</targetSystem>
  </systemList>
</property>