17.00 - 自動フェイルオーバー - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)

2つのData Moverクラスタがアクティブ/スタンバイ構成で設定されている場合、Data Moverは自動フェールオーバーをサポートします。アクティブとスタンバイのコンポーネントを監視するために、2台のモニタリング サーバーが追加で必要となります。モニタリング サービスは、SSH接続を使ってプライマリ(アクティブ)コンポーネントを監視し、サービスが実行されているかどうかを確認します。メイン コンポーネントのいずれかがダウンした場合、フェールオーバー順序が開始されます。フェールオーバーは次のシナリオで開始されます。

  • アクティブData Moverデーモンが使用できない
  • アクティブData Moverリポジトリが使用できない
  • すべてのアクティブData Moverエージェントが使用できない
  • アクティブなData Mover RESTサービスが使用できない
  • アクティブActiveMQが使用できない。
フェールオーバーが発生すると、すべてのアクティブ コンポーネントがシャット ダウンし、スタンバイ コンポーネントがアクティブ モードで再起動されます。同期サービスは、旧アクティブ サーバー上でスタンバイ モードで再起動されます。旧アクティブ コンポーネントを監視するために使われたモニタリング サービスはシャット ダウンし、新しいアクティブ コンポーネントを監視するためのモニタリング サービスがリモート サイトで起動されます。
次に示すDSAの制限事項および関連する構成の詳細については、<Teradata® Data Moverインストール、構成、アップ グレード ガイド、ユーザー用、B035-4102>を参照してください。
  • DSAユーティリティを使用してジョブのフェールオーバーを有効にするには、スタンバイDSC環境用にBAR NCを事前に設定します(データベース バージョンに関係なく該当する)。
  • バージョン16.00以降を使用するソース データベースおよびターゲット データベースは、スタンバイDSC環境用に事前に構成することが可能で、事前に構成する必要があります。
  • アクティブおよびスタンバイのData MoverデーモンでバンドルされたDSCセットアップが使用されている場合、バージョン16.00より前のソース データベースとターゲット データを事前に構成することはできません。複数のDSC環境を使用してジョブを実行しているときに、Data Moverのフェールオーバーが発生した場合は、同じジョブを実行するたびにDSMAINを再構成する必要があります。