17.00 - スタンバイ モードからアクティブ モードへの切り替え - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
アクティブおよびスタンバイの同期サービスを実行していると、アクティブ サーバーのデーモンに障害が発生したときに、スタンバイ サーバーのデーモンを使用してジョブの実行を継続することができます。これらのサービスによってアクティブ サーバーとスタンバイ サーバーのリポジトリは同期された状態に保たれるため、スタンバイ サーバーはフェールオーバーとして使用されます。

ファイルパス内のnn.nnは、Data Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。

名前 説明
Original-active フェールオーバーが発生する前に主にアクティブ システムとして主に使用されたシステム。システムの状態に応じて、失敗したアクティブまたは復元されたアクティブとも呼ばれます。
Designated-standby 元のアクティブが動作を停止した場合にアクティブ システムとしての機能を引き継ぐように割り当てられたスタンバイ システム。指定された新しいアクティブとも呼ばれます。
Standby-only 障害発生時にアクティブ システムになる指定スタンバイとは異なり、障害発生時もスタンバイのままとなるスタンバイ システム。複数のスタンバイ専用システムが存在する場合があります。
  1. 指定スタンバイの同期サービスがスタンバイ サーバー上ですべてのSQL文の実行を終えるまで待機します。これは、数分間待機して、dmSyncSlave.jsonファイルが再生成されるかどうかをチェックすることで確認できます。スタンバイ同期システムで障害が発生した場合、このファイルは削除されない可能性があります。
  2. 指定スタンバイの同期システムがまだ実行中の場合は、/opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync stopを実行してサーバーのサービスを停止します。nn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナー バージョン番号です。
  3. 指定スタンバイで、sync.propertiesファイルを編集し、sync.isMastertrueに設定して、指定スタンバイがアクティブ サーバーとして動作するようにします。
  4. 次のファイルがログ ディレクトリに存在する場合は削除します。
    • dmSyncMaster.json
    • slave_<clientName>.lastread
    • dmSyncSlave.json
    • slave_sql.lastExecuted
    • metricsCollectorPointer.txt
  5. /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync startを実行して新しい指定されたアクティブ サーバー(指定スタンバイ)のアクティブ同期サービスを開始します。
  6. 障害が発生した元のアクティブと同期された残りのスタンバイ専用サーバーに対して/opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync stopを実行します。
  7. 残りのそれぞれのスタンバイ専用サーバーで、sync.propertiesmaster.hostの値を編集して、指定された新しいアクティブ サーバー(指定スタンバイ)のホスト名を反映します。
  8. /etc/init.d/dmdaemon startを実行して、指定された新しいアクティブ サーバー(指定スタンバイ)のデーモンを再開します。
  9. teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync startコマンドを実行することによって、指定スタンバイが障害発生時にアクティブ システムとして動作する間に、そのサーバーの同期サービスを有効にします。
    詳細については、同期サービスの開始を参照してください。
  10. 残りのスタンバイ専用サーバーで、/opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync startを実行して、同期サービスを再開します。
  11. コマンドライン インターフェースがインストールされているマシンで、指定スタンバイRESTサーバーのURLを使用してcommandline.properties内のdm.rest.endpointの値を変更します。
  12. 環境にData Moverポートレットをインストールしている場合は、Teradata Viewpointポータルで管理メニューのData Moverセットアップをクリックし、指定スタンバイのData Moverサーバーの監視を有効にします。