17.00 - 指定スタンバイのスタンバイ モードへの復帰 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover ユーザー ガイド

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-4101-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
障害が発生した元のアクティブでデーモンの問題が解決したら、指定スタンバイを元の役割(スタンバイ)に戻します。元のアクティブは指定スタンバイにスタンバイとして接続されたことがないため、アクティブの役割中に指定スタンバイから更新しても、元のアクティブには自動的に適用されません。
指定スタンバイをスタンバイ システムに戻す場合は、事前に元のアクティブのリポジトリと指定スタンバイのリポジトリを同期させます。
元のアクティブを復元し、指定スタンバイを元の役割(スタンバイ)に復帰させるには、同期サービスの開始の節に示す指示に従います。
  1. すべてのシステム(指定スタンバイ、元のアクティブ、およびスタンバイ専用)上のモニタリング サービスを停止します。nn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナー バージョン番号です。
    /opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/dmcluster stopmonitor
  2. 指定スタンバイで実行されているすべてのジョブを確認します。
    datamove list_jobs -status_mode r
    ジョブが実行中の場合は、完了するまで待つか、ジョブを手動で停止してクリーンアップを実行します。
    datamover stop -job_name [job-name] datamover cleanup -job_name job-name
  3. すべてのシステムの同期サービスをシャット ダウンします。
    /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync stop
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。
  4. 元のアクティブとスタンバイ専用で実行されているデーモンをシャット ダウンします。
    /etc/init.d/dmdaemon stop
  5. Data Moverサービスが指定スタンバイで実行されていない場合は、サービスをオンにして、開始するまで約2分間待ちます。
    /etc/init.d/tdactivemq start /etc/init.d/dmagent start /etc/init.d/dmdaemon start
  6. backup_daemonコマンドを実行して指定スタンバイ リポジトリをバックアップします。
    datamove backup_daemon
    スクリプト ファイルのフォルダが生成されます。Triggers.sqlが生成されるまで待ち、backup_script.outputBackupTriggers.outにエラーがないかを確認します。
    1. 処理が完了したことを確認するには、ls -alコマンドを順番に実行して、ファイル サイズが変更されているかを確認します。
    2. デフォルトでは、フォルダはディレクトリ下に生成されます。
      /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup directory
  7. 次の例に示すように、フォルダを指定スタンバイから元のアクティブとスタンバイ専用にコピーします。
    scp -r /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup/dm_myhostname_16.20.23.00_2016-07-05_13.22.41 dm-agent8:/var/opt/teradata/datamover/daemon_backup/
  8. 指定スタンバイのデーモン サービスをシャットダウンします。
    /etc/init.d/dmdaemon stop
  9. 元のアクティブでData Moverサービスを開始し、サービスが開始するまで2分間待ちます。
    /etc/init.d/tdactivemq start /etc/init.d/dmagent start /etc/init.d/dmdaemon start
  10. 次の例に示すように、dmuserにコピーされたフォルダとファイルの所有者を変更します。
    chown dmuser /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup chown dmuser /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41 chown dmuser /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41/*
  11. 次の例に示すように、755にコピーされたファイルとフォルダの権限を変更します。
    chown 755 /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup chown 755 /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41 chown 755 /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41/*
  12. 次の例に示すように、restore_daemonコマンドを実行してデータをインポートします。
    datamove restore_daemon -backup_target_dir /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016-07-05_13.22.41
    ls -alコマンドを使用して、このディレクトリ内のファイル サイズが変更されているか、新規ファイルが現在も作成中かを確認します。temp*.outおよびrestore_script.outputファイルにエラーがないかを確認します。
  13. 元のアクティブのデーモンをシャット ダウンします。
    /etc/init.d/dmdaemon stop
  14. スタンバイ専用システムでData Moverサービスを開始します。
    /etc/init.d/tdactivemq start /etc/init.d/dmagent start /etc/init.d/dmdaemon start
  15. 次の例に示すように、dmuserにコピーされたフォルダとファイルの所有者を変更します。
    chown dmuser /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup chown dmuser /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41 chown dmuser /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41/*
  16. 次の例に示すように、755にコピーされたファイルとフォルダの権限を変更します。
    chown 755 /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup chown 755 /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41 chown 755 /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016_07-05_13.22.41/*
  17. 次の例に示すように、データをインポートします。
    datamove restore_daemon -backup_target_dir /var/opt/teradata/datamover/daemon_backup_2016-07-05_13.22.41
    ls -alコマンドを使用して、このディレクトリ内のファイルが変更されているか、新規ファイルが現在も作成中かを確認します。temp*.outおよびrestore_script.outputファイルにエラーがないかを確認します。
  18. スタンバイ専用のsync.propertiesファイルを編集し、そのファイルが元のアクティブを参照するようにします。
  19. スタンバイ専用のデーモンをシャット ダウンします。
    /etc/init.d/dmdaemon stop
  20. アクティブ システムとすべてのスタンバイ システムの両方に同期システムによって生成された可能性のある次のファイルがないかを確認し、見つかった場合は削除します。これらのファイルは、sync.propertiesファイルのsql.log.directoryプロパティによって定義されたパスに作成されます。
    cd /var/opt/teradata/datamover/logs/ rm dmSyncMaster.json rm slave_*.lastread rm dmSyncSlave.json rm slave_sql.lastExecuted
    rm metricsCollectorPointer.txt
  21. 次の例に示すように、sync.propertiesファイルのsql.log.directoryプロパティによって定義されたパスに作成されたauditLogPosition.txtファイルを編集し、そのすべての内容をWAS_SLAVE文字列で変更します。
    echo "WAS_SLAVE"> /var/opt/teradat/datamover/logs/audtLogPosition.txt
    文字列の後に空白または改行文字がないことを確認します。この変更によって、アクティブ同期システムにDMAuditLog tableの既存のコンテンツを無視するように指示します。
  22. 元のアクティブですべてのData Moverサービスを開始します。
    /etc/init.d/tdactivemq start /etc/init.d/dmagent start /etc/init.d/dmdaemon start
  23. 適切なパラメータを使用してsync.propertiesファイルを更新し、元のアクティブでアクティブ同期システムを起動します。
    /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync start
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。
  24. 適切なパラメータを使用してsync.propertiesファイルを更新し、指定スタンバイとスタンバイ専用システムでスタンバイ同期システムを起動します。
    /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync start
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。
    これらのファイルは、backup_daemonコマンドとrestore_daemonコマンドを実行するまで削除しないようにします。
    元のアクティブを復元し、指定スタンバイを元の役割(スタンバイ)に復帰させるには、同期サービスの開始に示す指示に従います。
これらのファイルは、sync.propertiesファイルのsql.log.directoryプロパティで指定されたパスの下に作成されます。